ださいこらむ

春のうららの隅田川のように、大変清らかなブログです。

ここ2ヶ月間の愚にもつかない短編集

 

 

 

もう学校始まってからの2ヶ月かなりサボってたんでね

藤井四段が連勝に連勝を重ね将棋界を大盛り上がりさせていたり、北朝鮮がミサイルバコバコ打ち込んできたりしている頃、僕が何してたかを書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

では早速、5/22

 

 俺氏人生初のツイキャスに挑戦する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うわけでまずは、結果だけ報告させてください。

 

 

 

 

 

第一回目、

 

合計視聴者数……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平均視聴者数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイのHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZERO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170729015032j:plain

 

 

 

 

 

 

 

本当に今回のこのツイキャスに関しては、今まで僕がウケて来たどんな暴力よりも、痛かったです。

 

と言うか、しょぼすぎやしないか?

14歳だか15歳だかの藤井少年が、冷静沈着に自分よりも階級が数段上の巨人たちをバシバシ倒してるかと思えば、

一方ではツイキャスしてみるも人が来なさすぎるあまりテンパっってしまい、自分が何を喋っていたのか全く覚えておらず、開始二分ぐらいから記憶が全くない大学生がいる…。

 

 

 

 

 

あ〜、

 

 

 

 

 

なんかさぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたくなるよね。

 

 

 

 

 

いやでも、本当に記憶がほとんどないんだよね、テンパりすぎて。

だからラジオパーソナリティって本当すごいなぁとか思ったんだけど、

ただぼんやりした記憶の中でなんとなく覚えてることがあってさ

 

 

 

 

 

 

 

そう、だんだんだんだん聞こえてきたんだよ

 

 

 

 

 

 

薄れ行く意識の中で

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな女の子の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの声がさ…

 

 

 

 

 

 

 

ラ…r…ン……ラ………ラ………n

 

 

 

 

 

 

 

ラン……ラ…n…ラr…ラン

 

 

 

 

 

 

 

 

ランrン……ランララ…ランラnラン

 

 

 

 

 

ラン…ララララランランラン

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170729022013j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、6/15

 

ワイとうとう黒染めしたンゴwwww

 

母親から「その汚ないグロデーションどうにかしないの?」などと言われ続けはや数ヶ月。

友人たちからも「なんかそれ汚い、一緒にいるの恥ずかしいからやめて」「黒だとキモいだけだけどその色だともはや死ね」「臭そうすぎて草」等々、ご覧のとうり罵詈雑言の嵐である。

終いには、僕を電車内で目撃した同級生に「目つき悪いし髪色派手だし、知り合いだと思われたくなくて寝たふりしたw」とか言われる始末。

 

ここまで言われたら、

 

 

さすがに、

 

 

黒染しますよ、、。

 

 

 

 

と言うわけでわたくしは金髪にしてから約4ヶ月後、プリン頭に終止符を打ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんてカッコつけて見ましたが、そんな簡単に終止符だか免罪符だか湯豆腐だかが打てたなんて事、もちろんございません。

 

だってねぇ、僕、何を隠そう、

 

 

 

ニートですから。

 

 

あだ名に至っては「衝撃の暇人 ムロン・イエーダー」ですから。

まぁそんな奴がもちろん黒染めと言う高級品を買えるはずもなく、、、

だって700円もするんですもの!高いよぉぉお!高すぎるヨォぉぉお!ウォールマリアぐらい高いよぉぉおお!買ってくれよ!キース教官!!お願い!ふかした芋半分あげるから!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170729124424j:plain

 

 

 

 

なんて茶番を繰り広げたところで当然手に入ることはなかったので、僕は調査兵団として、家宅捜査に乗り出して見る事にしました。

 

 

すると…

 

なんと言うことでしょう(BGMはビフォーアフターのあれ)

洗面台の下の棚の中に、以前匠(母上)が購入した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めがあるではありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170729144948j:plain

 

 

 

いやぁ〜危なかったよ。

もしなんにも染めれそうなものなかったら自分の腕をかっさばいてそこから溢れ出る血を頭にぶっかけて髪を染めるか、ファーストフード店でなんども使い込まれて真っ黒になった油に頭を漬け込むと言う、いかにもユーチューバーがやってそうなことをやる羽目になってましたよ。

 

 

それでそこからは普通に、なんにも面白いところもなく、染めきりまして。

無事完成したのがこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170729161208j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

なに?

 

 

 

 

これお前じゃないだろって?

 

 

 

 

いやぁ〜、まぁ確かに違うかもしれないけど。

 

 

似たようなもんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

口とか鼻とかついてるし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造は一緒。

 

 

 

 

はい、と言うわけで。無事黒染めできた話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7/1

 

 

 

この日僕はなんの弊害もなく、無事に二十歳を迎えてしまった。

 

二十歳と言ったら、セックスピストルズシングル『ゴッド セイブ ザ クイーン』をリリースして全英シングルチャートで2位を取った時のシドビシャスの年齢であり、

孫正義が「音声機能付き他言語翻訳機」のアイデアの特許をシャープに売り込んで1億円を手に入れた年齢でもある。

 

 

なのに、それなのに。

私と言う男は二十歳になる少し前にとある愚行を思いついてしまった。

そのために散々迷い、迷いに迷って、それでもあの愚行に手を染める以外の選択肢を見つけることができず。

 

 

実行を決意した。

 

 

 

 

 

 そう、それは何かと言うと

 

 

 

 

ぼっちの中のぼっちのみが

 

 

 

 

 

それをすることを許されるという

 

 

 

 

 

禁断の行為

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人誕生日ぱああああああああああああああああああああああああああああありいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 

 

 

 

 

 

 

どんどん!パフパフうううううううううううううううううう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170702114621p:plain

 

 

 

 

 

 

 

というわけでですねねぇ、まずしょっぱなは会場を準備するためにおりがみの輪っかをひたすら作るという作業をしたのですが、、、

 

これが結構辛かった。

 

 

だって誰もいない部屋で、夜中に、一人でさ、

 

 

 

 

 

カミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテカミヲキッテマルメテホッチキスデトメテ………

 

 

 

 

もう気づいた時には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り紙に話しかけてましたよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A0I「なぁ折り紙、僕今日誕生日なんだけど、まだ三人にしか祝われてないんだ…。僕って本当に友達少ないよね。」

 

 

 

折り紙(cv:若本規夫)「そんなことはないさぁフグタk…じゃなくてA0Iくぅ〜ん、お前には俺がついてるだろぉ〜?」

 

 

 

A0I「そうだね!お折り紙!君を忘れていたよ!と言うかなんでそんなブルァァな声なの?!」

 

 

 

折り紙「そんなことぉ〜、俺の知ったことじゃあないぜぇ〜ひとまずぅセルゲェ〜ムをぉ……」

 

 

 

ジョキジョキジョキ(折り紙を切る音)

 

 

 

折り紙「なぁぁぁああああにしやがるっっぅぅぅぅぅぅぅぅぅううう!!!!いてぇじゃねぇか!ブルァァァァァァァァァァァァアアアアア!!!!!!」

 

 

A0I「あ、ごめんよ。

 

 

 

でもね!これ以上若本さんのネタやると、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グダグダになっちゃうんだよぉぉ!!!

 

 

 

 

 

 

ってなことやって、なんやかんやのうちにいつのまにか完成したのがこれだよブルァァァァアァアァ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170802185156j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ク オ リ テ ィ 高

 

 

 

すごすぎる出来栄えでしょ!まさに完璧。

 

と言うわけでこちらの作品に対するコメントを様々な著名人の方からいただいたので読んでいきたいと思います。

 

まず1通目はサルバドールダリさまからのお手紙です。

 

「お久しぶりです、A0I殿。先日拝見させていただいた作品がとても素晴らしかったので、おもわず筆を取らせていただきました次第です。

あの作品、一言で言わせていただくと

 

まさに

 

 

 

ビックリドッキリダーリダリ!!

 

 

といったところでありました。これからもどうぞご精進くださいませ」 

 

 

 

続いて2通目は葛飾北斎様からのお便りです。

 

「貴殿からあの作品を見せられた時は、この葛飾北斎とても感心したで北斎。平成の小僧もなかなか見所があるようで何よりで北斎

わたしはもう死んだ身ではあるのだが背筋が震えたで北斎、またいいものができたら見せて欲しいで北斎。」

 

 

 

そして最後は空海さまからのお便りです

 

「ちょwおまw字うまくねw三筆のわいよりうまいとかwさすがに草生えるわw

あ、そういえばこないだお主から借りた明日花キララとか言うおにゃのこのビデオマジ神すぎて20回はぬいてしもたわwwまた他のやつ頼むww」

 

 

 

ありがたいですねぇみなさん。

読んでると自然と涙が出てくるようなお言葉ばかり…。

 

なんてしみじみ読んでたんですけど、よく考えたらあれが足りないことをはたと思い出しまして。

 

そう、あれですよ。誕生日のド定番!

 

 

 

ケーキちゃんですよ!!

 

 

でも買いに行くのも面倒だったんで、家にあるもので済まそうと思って、冷蔵庫を漁って見たんですね。

 

「牛乳、チーズ、ウィンナー、うーんなんかどれも微妙だなぁ〜

もっとこう、ろうそく刺さるようなのが欲しいんだけど…ん?

 

 

こ、これは!

 

昨日親父が酔っ払ってか買ってきた……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぬきそばじゃねぇか!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170802204313j:plain

 

 

 

 

そしてこいつを部屋に持ち帰り、混ぜた後、ろうそくをぶっさしたあられもない姿がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170802185121j:plain

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

いや、ひどいくなるのははなからわかってたことではあったんだけどさぁ。

 

 

 

 

 

 

 

何この、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼーレの集会感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zyugemuzyugemuunnkonageki:20170802205413j:plain

 

 

 

真ん中にナルシスホモ(カヲルくん)でも置いたらもうバッチリなんじゃないかとも思うんですけどね。

 

 

まぁとりあえず、ハッピーバースデートゥーミー。と言うことでこの話も幕引きさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ〜みなさんいかがだったでしょうか?

この愚にもつかない短編集、僕としてはクスリとでも笑っていただけたら幸いですね。感想のコメントやら何やらお待ちしてます。

 

これからもエヴァが劇場版やるぐらいの頻度で更新しようと思ってるのでよろしくお願いします。